「フランチャイズ」と「のれんわけ」の違いについて

img フランチャイズ募集や代理店、独立開業支援のフランチャイズ比較NET

「フランチャイズ」と「のれんわけ」は厳密には違います。
ですがフランチャイズ事業によっては「のれんわけ」と呼んでいる企業も多いみたいです。
では実際はどのような違いがあるのかといえば、「フランチャイズ」は提供する事業者と他の事業者間で契約を結んで、 自己の商標やサービスマークやトレードネームやその他の営業の象徴となる商標、そしてその業者が持っている経営の
ノウハウなどを契約した事業者に与え、同様のイメージのもとに商品の販売や事業を行う権利を与えることです。
その代わりに提供を受ける業者は、その見返りに対価(ロイヤリティー)を契約した業者に払います。

それとは違い「のれんわけ」は、元々は江戸時代の商家で丁稚・手代・番頭と永く勤め一人前となった奉公人が、
その苦労と商才に報いるために主家から屋号やのれん(暖簾)印をもらい、その使用を認めて独立(別家)するのを援助することです。 そして「のれん」というシンボルを分けるということは、その「のれん」というブランドに込められている信用や格式、伝統や技能を伝え、それを継承し守ることを言います。

この2つの最も大きな違いは、契約があるか無いかです。
前者は契約がある分、その対価(ロイヤリティー)が発生しますが、後者はそれは発生しません。
かわりに後者は主への恩義があるため繋がりは強く、家族ぐるみの付き合いが強いです。 このように、両者は同じように見えて、厳密には違います。 ですが、両者は意味的には同じように囚われがちだということを、覚えておいて
下さい。

img 「外食各社、のれん分け拡充 ワタミ、対象店舗を拡大」紹介記事!